不動産を買いたい方

2013-05-22
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

不動産購入に関して良くある質問をまとめました。
【無料】機密性の無い相談でしたらこの投稿にコメントを頂きましても支障のない範囲でご回答させて頂きます。

コメント4件

  • Q1手付金について | 2013.05.22 18:32

    先日、不動産会社に行ったところ、契約の際には物件価格の1割を持ってきてもらうことになると言われました。手付金との事ですが絶対に1割分を持っていかないといけないものなのででしょうか?

  • A1手付金について | 2013.05.22 18:33

    当社でも契約の際は基本的には1割をお願いしています。
    個人間の取引では通常1割を目安として授受します。
    そもそも、手付金の授受の目的は契約~取引までの間に契約が履行できなくなった場合に相手側に支払われる解約手付金として取り扱われるものですので、これが1万円とかの少額なら相手側がいつ辞めると言い出すかこわくてたまりません。
    契約を有効にすするには1割位の拘束力は必要と考えるからです。
    売主が不動産会社の場合、手付金は
    完成物件は10%相当額
    未完成物件は5%相当額
    且つ1000万円以下という決まりがあります。
    それ以上の授受も可能ですが、その場合、供託と言ってその金銭をは保全しなくてはいけません。
    また、新築などの請負契約は通常3分の1づつ契約時(又は着工時)・上棟時・完成時に分けて授受されます。

    以上は通常のルールですが、そうは言ってもそんなに手持ちがないとか?いろんな事情を考慮して相手側と相談し承諾されれば手付の金額は少なくても契約はできます。

  • Q2 購入するなら新築か?中古か? | 2013.05.23 10:21

    新築物件を購入するか?中古物件を購入するか?迷っています。
    アドバイスをお願いします。

  • A2 購入するなら新築か?中古か? | 2013.05.23 10:48

    不動産価格は土地と建物の合計額となります。
    金銭的な損得だけの話をさせて頂くなら下記の試算をご覧ください。
    ①新築価格3000万円
    ・土地1500万円(30坪×50万円)+建物1500万円(税込)=3000万円の物件を購入したとします。
    →15年後に売却するとどうなるか?
    ・土地の相場に変動がないと仮定すると土地は1500万円
    ・新築住宅の償却期間を25年と考えて償却金額は年間54万円(1500万円×90%÷25)
    ・従って15年後の評価額は1500万円ー810万円=690万円
    →2190万円(1500+690)となります。
    ②築15年の中古住宅3000万円
    ・建物規模を上記①と同じと考えると建物690万円+土地2310(46.2坪×50万円)となり、土地が16,2坪大きくなります。
    →15年後に売却するとどうなるか?
    ・土地の相場に変動がないと仮定すると土地は2310万円
    ・新築住宅の償却期間を25年と考えると30年経過で評価は残存価格150万円(10%)となります。
    →2460万円(1500+690)となります。

    上記の試算だけであれば中古自動車を購入した場合と同じで償却費用の少ない分中古住宅の方が得になります。
    しかし、新築住宅は修繕費用も少なくて済みますし誰も使用していない為、汚れや損耗もなく快適なので金銭の損得のみで判断できません。
    我慢した分、中古住宅の方が金銭的に特になるのは理にかなった話です。
    具体的に購入する不動産を絞り込み、比較して頂きご決定いただければ良いと思います。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2013 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.