「リノベーション」とは?

2015-09-07
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

最近不動産広告で目にする「リノベーション」と「リフォーム」の違いは?

リフォームという言葉は以前から良く使う言葉で建築物の改修や修繕工事全般を総称して使っていましたが、リノベーションという考え方が普及してきて、従前の状態に復元する工事を「リフォーム」といい、プラスアルファで従前の状態より向上させる工事を「リノベーション」と言っているようです。

建設省(現 国土交通省)の定義では
リノベーション(改修)=新築時の目論見とは違う次元に改修する
リフォーム(修繕)=新築時の目論みに近づく様に復元するとあります。

リノベーションは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。
建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させること。
具体的には、耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約のため、IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われる。外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などをいうようです。

当社でも中古一戸建てを検討されているお客様や自宅のリノベーション(リフォームは勿論)のご提案や施工なども可能ですので、是非センチュリー21メイクスにご相談ください。

 

 

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.