Q新築物件と中古物件、どちらがお得?

2015-07-05
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

自動車や洋服でもやはり新品はいいですね。

不動産でも新築はご自信が初めて利用しますし、間取りやデザイン等もお気に入りの物ですから満足感が大変高いと思います。

不動産の価格は土地と建物の合計です。

3000万円の新築物件で

建物1800万円(面積30坪×単価60万円)+土地1200万円(面積30坪×単価40万円)とします。

10年後の査定価格は2352万円となります。

建物1800万円-償却金額648万円(1800×90%÷対応年数25年×経過10年)=1152万円

築10年の物件で3000万円の物件の土地の面積は46,2坪になります。

3000万円-建物1152万円=土地価格1848万円(坪単価40万円×面積46.2坪)

建物は経過年数により価値は下がりますが土地は経過年数では金額は変動しません。

土地の金額は相場です。広い方が売却時も有利になります。お金の損得だけで言えば中古物件だと思います。

中古物件は購入する時にリフォームが必要かもしれませんし購入後の故障が考えれれますので修繕費(維持費)も必要です。

お客様のご希望やご予算等様々な検討材料があると思いますのでご相談頂き一緒に家さがしをさせて頂けたら有難いです。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.