Q中古住宅を購入しリフォームも計画しています。どのように進めるのが良いでしょうか?

2015-07-05
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

中古物件(リフォーム有)の購入に進め方は大きく3通りあります。

(1)不動産を購入してからリフォームを行う。

(2)売主(不動産会社)にリフォームを依頼する。

(3)リフォームされた不動産を購入する。

質問では「(1)不動産を購入してからリフォームを行う」をご希望されていると思います。

売主が一般(不動産会社ではない)の方の場合は基本的にこのパターンになります。下記が基本的な進め方です。

①物件の紹介を受けて気に入った物件があれば内覧する。

②リフォームの内容や金額によっては購入しようと思う物件がみつかる。

③リフォームの見積もり依頼→内容&予算もOK

・内覧等の手配は当社が致します。

・リフォームを依頼する会社が特に決まっていななければ当社でも見積もりをさせて頂きます。

④購入の意思決定

・見積書の内容&予算もOK、

・重要事項の説明→購入する不動産の重要な項目の説明をうける。

・資金計画書(当社が計画全体の費用をご説明させて頂きます)の確認及び決断

⑤契約(不動産売買契約)

・売主との間で売買契約を締結(内容に合意し署名押印)する。

・手付金売買金額の1割程度を支払う。

⑥住宅ローンの手続き及び承認

・住宅ローンの内容によっては契約前に行う場合があります。

・売買金額及びリフォーム費用も含めて、自己資金で足りない部分を住宅ローンでおぎないます。

・申込→承認→金消契約→住宅ローン実行⑦

⑦取引

・住宅ローンを実行し売買金額の残代金の支払いをします。

・不動産の名義(登記)変更に必要な一切の書類を売主から頂き司法書士に手続きを依頼します。

・購入した中古住宅の鍵を売主から受け取ります。

⑧リフォーム

・取引完了後にリフォーム工事の着工をします。

・工事完了後にお引っ越しとなります。

(2)売主(不動産会社)にリフォームを依頼する。場合は交渉により⑧リフォームを⑦取引の前に行う事ができます。

(3)リフォームされた不動産を購入する。場合は①内覧時にリフォームが完了しています。

また、弊社では不動産仲介からリフォームまで一括で相談できます。

また、不動産営業の目線から見るお客様から満足して頂ける提案(リフォーム物件向けの住宅ローン、住まい給付金や既存瑕疵保険、各種補助金等)をさせて頂きます。まずはお気軽にご連絡頂きご相談ください。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.