Q同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?

2015-07-05
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

大丈夫です。

複数の不動産会社(正確には宅地建物取引業者)への依頼もできます。

ご確認&ご留意頂きたい点もありますので下記もご覧ください。

[売却の場合]

不動産の売却の場合は媒介契約書というものを交わします。

①専任専属媒介契約&専任媒介契約

→1社に任せる契約の為、複数の宅地建物取引業者への依頼は出来ません。

②一般媒介契約

→複数の宅地建物取引業者への依頼が出来ます。

→依頼した宅地建物取引業者は基本的に直接連絡を取りませんので商談の有無や物件金額・販売条件等の連絡をお客様が行います。

[購入の場合]

不動産の物件情報紹介を受けて、現地確認・商談をしてから他の宅地建物取引業者で契約をするのは信義上問題があります。

物件情報紹介を受けた不動産会社に、現地確認、商談、契約をご依頼頂きたいと思います。

複数の宅地建物取引業者から信頼のおける会社を決定してから物件情報紹介を得るのが良いと思います。

[お願い]

「仲介」は宅地建物取引業者の業務です。

仲介とは国語辞典によると「直接話し合うことの困難な両者の間に入って話をまとめること」とあります。

従って、お客様が「信頼できる不動産会社(宅地建物取引業者)」に依頼して頂く事が必要です。

当社は「お客様の信頼に応える」事と理念に掲げ努力致しております。

是非、お問い合わせ頂きますようお願いします。

センチュリー21メイクス 0120764700

 

 

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.