保証会社から毎月家賃を代位で払って貰うのは良くないことなのでしょうか?

2015-06-22
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Q 家賃の支払いについての質問です。今は、親等が連帯保証人になっているのではなく、保証会社に加入している状態です。ここ3~4カ月ほど、給料の支払い日が家賃の支払い期日より遅い関係で、保証会社からの代位弁済という形で支払っていました。すると、先日この保証会社から電話があり、現在のような未払いが続くとあまり良くないですよ、とアドバイスを受けました。ただし、保証会社からの入金の連絡があればすぐに支払ってはいますが、このような状態はよくないことなのでしょうか?

A ご相談の件ですが、通常、契約書には、15日、月末など支払期日が定められています。ですので、支払いが一日でも遅れると、家賃保証会社が代わりに代位弁済として家賃を支払うことで、大家様に家賃が支払われているということになります。

保証人による代位弁済は、通常家賃の支払能力が借主にはないという事になり、保証会社、管理会社、家主の信用を失う事となります。厳しく言えば、賃貸契約の解除の原因にもなり、今後も保証会社に記録が残ってしまいます。

ですので、ご相談者様に、支払能力が通常にあるのでしたら、保証会社を利用せずお支払い頂く事をおすすめいたします。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.