一戸建ては空き家で一年以上放置すると駄目なんですか

2015-05-21
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

一戸建てに興味があって、いろいろと調べていたところ、「空家にして1年以上住まないと建物がダメになる」という話を目にしました。これはいったいどういうことなのでしょうか?

A その通りです。

①窓を開けて換気をしなければ湿気とカビで室内がかなり傷みます。

②雨戸を閉めたままだと直射日光がなく、カビ、ダニ、細菌等が繁殖します。

③給排水設備を利用しないと給排水管がさびて傷みがはやくなります。排水設備にはトラップと言って水をためて外部からの虫等の進入を防いでいますが水が蒸発しトラップがなくなってしまいます。

④一戸建だと草木が成長しますしその草木は家の隙間に入り込み家を傷めます。

⑤仮に雨漏りやシロアリ台風被害などがあっても解らず放置状態になる。

⑥第3者の進入により荒らされる。

他にもたくさんの事が考えられます。

 

私達は職業柄たくさんの空き家を見にいきます。空き家のまま放置された物件の傷みが早い事は身を持って確認しております。個人的には築10年の別荘の現地確認をして壁がめくれ上がり雑草におおわれて廃墟化している物件をみてビックリした事があります。

 

空き家も定期的に管理、風通しや給排水設備の運転等は必要です。

 

当社では遠方にお住まいの方の為に空き家の管理をさせて頂いております。

最近はそのようなビシネスも増えてきています。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.