ペト不可の賃貸で内緒でペットを飼っていた

2015-05-02
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

ペット不可物件にて、入居者が内緒で猫を飼っていたようで修繕費を請求しようとしています。家賃の滞納は一度もなく気さくでいい方だったのですが、壁の引っかき傷や臭いが残っています。ペットを内緒で飼っている例はよく聞くのですが、いっそのこと家賃を上げたり条件付きでペット可などにしてしまった方がよいのでしょうか?

賃貸借契約書には基本的にペットの飼育に関する取り決めがあります。契約書の内容に反して、ペットを飼っていたとすれば家主さんの主張されるペットの飼育による損傷の原状復帰費用の請求はもちろん可能です。

今後の空家事情を考えると、ペット可の物件として条件の変更をして募集をかけるのも空室を減らす一つの方法です。

当社でも家主様の同意があればペット可の物件にして家賃を上げたり、敷金を多くするなどして対応して頂いています。

ただし、動物の種類や頭数や飼育方法、原状回復の内容など事前に取り決めをしています。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.