不動産の売却について

2015-03-29
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Q
京都府の宇治市で中古住宅を相続しました。
できるだけ高くで売りたいのですがアドバイスをお願いします。

A
逆に不動産の購入希望者は少しでも安くで買いたいと思っております。
お互いに納得して契約して頂く為には目安となる金額が必要になります。

不動産会社では物件の詳細な調査や成約事例や販売物件から査定価格を算出します。
査定価格は一般的に3ヶ月以内に売却できる金額をご提案させて頂きます。
現状のまま、販売活動をするより、リフォームしたり解体して更地にしたりと
手を加えた方が良い場合もあります。

お客様が希望される金額と相違があるかもしれませんが査定金額はあくまで提案であり参考価格です。
お客様が希望される金額を尊重してご相談頂きお客様から了解頂いた金額で販売(媒介)活動を行います。
販売期間に余裕があれば暫く少し高めでも販売活動を行い様子をみる事もあります。

売却時にかかる経費として基本的には
1.仲介手数料(3% + 6万円 + 消費税)
2.登記(売渡証書)費用(5~9万円程度)
3.その他契約書に貼付する印紙代や住民票、印鑑証明、固定資産税評価証明書等の交付費用
上記が必要です。細かい注意点や確認内容はご相談ください。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2015 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.