平均地盤面

2013-07-05
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

平均地盤(面)(へいきんじばん:めん)
建築基準法上の概念で、建物が建つ地面を地盤面というが、地面に傾斜がある場合には、建物が接する地面の平均の高さが地盤面になり、それを平均地盤面という。
高さの制限などは、平均地盤面を基準にして測りだす。
下の図で、建物が着色した部分で地面と接していれば、着色した部分の面積の合計を、建物の周長で割ったものが平均地盤面になる。
3メートル以上の高低差がある場合には、3メートル毎にくぎって平均地盤面が算出され、一つの建物に複数の地盤面があることになる。

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

contents menu

カテゴリー

リンク集

Copyright(c) 2013 センチュリー21メイクス 365日年中無休 不動産   All Rights Reserved.